金融業界のエンジニアに向いている人

これからの金融業界は、様々な分野との連携が必須になってきそうです。
例えば始まった頃は意味がないように感じられたデビットカードですが、クレジットカードの利用者が広がる反面、利用する怖さからクレジットカードを持たない人、また持つことが出来なくなった人が、クレジットカードのように利用することが出来るカードして人気が上がってきています。

まだ利用出来る店舗は少ないようですが、商品購入時にデビットカードを提示すると銀行口座から直接支払いを済ませることが出来るという仕組みになっています。
今まではあまり普及することがなかったのですが、ここ最近ではクレジット会社もデビットカード機能を備えたカードを発行するようになり、利用者は増えてきそうです。

クレジットカードでの買い物だと請求がくるまでどれくらいの利用額か把握していない人が多く、請求が来てから慌てるといったことも少なくありませんでしたが、このデビットカードでしたらリアルタイムで支払いが済んでいくので、手持ちの現金もすぐ分かりますしクレジットカードでの事故も未然に防ぐ効果があるかもしれません。
このような小さな変化をもたらして、社会を大きく動かすことが出来る仕事が金融エンジニアの仕事です。

これからはたくさんある電子マネーなども、いくつものカードやアプリを利用せずに、もっと簡単に利用することが出来るようになるかもしれません。
実際、以前はクレジットカードからしかチャージが出来なかった電子マネーが、今では銀行口座からのチャージが出来るようになっています。

どんどん変化して便利になっていく金融業界ですが、その便利さの陰には金融エンジニアの小さな仕事の大きな成果であることを忘れてはいけません。
常に社会における金融業界がどのような位置にあり、またどのような変化をすることが社会をよりスムーズに動かしていくことが出来るのか、このような考えが出来るグローバルな視野を持った人には最適な仕事ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です